Twitterから足を洗うと、楽になるよ

この記事は約3分で読めます。

かなです。プロフィール欄にTwitterアカウント欄がないことからも察しがつくように、かなはTwitterをやっていません。

いえ、正確に言うと「やっていたけどやめた」ですかね。

まぁ、かなのアカウントはかなり使い方がアレでしたが(ツイート数ほぼ0)。

【予告】今回はちょっと暗い記事です。

スポンサーリンク

こんなアカウントでした

かなはTwitterを持っていました。

その用途は「ネット上の友達との連絡口」としてでした。

フォローとフォロワーは同数。相互しかいない。そんなアカウント。

先に言いますと、かなはこのアカウントを捨てました。

Twitterでしかつながっていなかったネット上の友達など、数年連絡をとっておりません。

でもね、それだけでも。

楽になるんですよ。ホントに。

見たくないものまで、見せられる世界

かながTwitterをやめた経緯としては、簡単なものです。

「友達の興味のないツイートまで見させられる」

友達だからという理由だけで反応し続けなければならない。エロでもグロでもお構いなく。

それがかなにとっては耐えられなかったのです。

かなはやめる前に友達にいったんですよ。

「エログロはセンシティブ設定するか別アカでやれ、アカウント凍結されるぞ」って。

でもね、きいてくれなかったんですよ。

かなは18禁が見たくてツイッターをやっているわけではありません。むしろ18禁には興味のかけらもありません。ちゃんと設定でセンシティブ内容は表示されないようにしています。

それでもね。

友達が出してるからって理由だけで、ずっと表示されるんですよ。

正直に言います。すごく不快でした。

利用規約違反で凍結されかねないから、エログロはアカウント分けてセンシティブ設定をONにした方がいいですよ。いや、これはマジで。

それを知って、何になるの?

ぶっちゃけるとね。

どうでもいい書き込みが多すぎると思うんですよ。

それを見たところで、反応に困るようなやつ。

あと、いわゆる「病んでる」アカウント。

夫からのDVで悩まされてるとか、本当につらい状況なら仕方ないと思いますよ。

ただ、そうでもないのに。「少しつらいだけ」なのに、「ちょっと悲しいだけ」なのに。

人のせいと言わんばかりにつぶやいて誹謗中傷する人の多いことよ。

かなは、もう疲れました。かなには、人の感情の波に振り回される時間はありません。

おわりに:Twitterがつらい人は、一回アプリを消してみて

今Twitterをやっていて、無意味だなとか、つらいなとか思ってる人。

思い切って、Twitterを消してみてください。

きっと楽になります。

Twitterで何か言われてるとかね。Twitterでどうかしてるとかね。

気にしなくてよくなりますよ。

「Twitterやめたから」の一言だけで全部話さなくてすみますから。

ぜひ一度Twitterなしの生活に戻ってみてください。

そして、Twitterに使っていた時間を別のことに回してみてください。

断言します。

Twitterはなくても生きていけます。

ぜひそのことに、気づいてください。

タイトルとURLをコピーしました