「マウントを取る」こと

この記事は約4分で読めます。

オタサーの中でよく使われる言葉に「マウントを取る」というものがあります。

えー意味がよくわかってないかなですが、おそらく「自分の優位性を示す」ことですかね?

せっかくの機会なんで調べてみましょう。

スポンサーリンク

どうやらこういうことらしい

  • もともとは2ちゃん用語
  • 自分のほうが優れていると相手を支配すること

まぁ、こういうことらしい。

オタサーにおける「マウントを取る」

オタサーにおいてマウントを取るとかそういう話が出てきたらたいていはガチャ関連です。

相手より自分の方がいいキャラを持っている、とか言いながら自慢をします。

それか、新キャラをガチャで引けたから自慢する、とか。

ガチャで出てくるキャラを自慢してマウントを取る、くらいなら相手が嫌な気持ちをするくらいです。言い方悪いですが所詮はゲームですから、嫌になったらやめてしまえばいいだけのことです。

問題は、あなたがマウントを取ることによって相手にとって取り返しのつかないことになることもあるということです。

実はオタサー以外でもあるんですよ

かなは言っての通り、理系大学生です。

理系たるもの「学生実験」という名前の授業があるわけですが、えーこれ、高校時代の経験がモノをいうような授業でして。

高校時代実験という科目がなかった人がとてもとても苦労する科目だったりもします。

さて、かなのクラスメイトの話になりますが。

クラスメイトAは高校で実験を一切していませんでした。

クラスメイトAにとって、実験は「はじめてやる」も同然なのです。中学のときにはやっているかもしれませんが、中学って何年前だよって話ですよね。

実験はたいてい「共同実験者」がいます。

さてここで、共同実験者Bが高校時代毎週実験をやっていたような実験慣れしている人だったとしましょう。

クラスメイトAは共同実験者Bから見ると初心者も同然です。共同実験者Bにとって「当たり前」のことができていないのです。(ただ、クラスメイトAはそれでも必死だったりする)

※実験に苦労するクラスメイトAのイメージ図

ここで、マウントを取りたい共同実験者Bは、クラスメイトAを馬鹿にします。思いっきりね。

そして、クラスメイトAが何かしようとすると共同実験者Bは「あたかも自分が知っていることが正義であるかのように」クラスメイトAに考えを押しつける。もしくは、クラスメイトAがちんたらやっているのが我慢できなくて、共同実験者Bが仕事を「横取り」する。

そして結局クラスメイトAは実験中何もさせてもらえない。

共同実験者Bが主導権を握る、つまりマウントを取りたいがためにクラスメイトAの経験を積むための機会が犠牲になっています。

それでクラスメイトAが「実験中何もしていない」と判断されて実験の単位を落としたら、共同実験者Bは責任を取ることができるのでしょうか?

 

ある日共同実験者Bが実験で大失敗したそうです。クラスメイトAはその実験ほとんど何もしていなかったようです。曰く、関わらせてもらえなかったんだとか。内心ざまあとか思ってたそうです。

実験におけるマウント、スマホゲーではこういう感じ

そもそも実験なんてねーよって学科の人は実験の話されてもちんぷんかんぷんだと思うんで、一応ここにスマホゲームにたとえた例を置いておきます。

そこに初心者Aがいたとします。となりに、友人としてプレイ歴2年ほどの友人Bがいたとします。

友人Bは「まだ弱い」初心者Aに対して、「俺はこんなにも強いんだよ」と自分の力を見せびらかしています。その力は「2年続けてきた」ことによって得られたものです。

本来、スマホゲーやネトゲは階段を経て強くなるものです。その「階段」をすでに上がり切った人が、上階から下階にいる初心者に対して力を見せつけ、階段もない中で「上ってこい」と言っているようなものです。

おわりに:相手が嫌な思いをするだけ

オタサーにしろ、大学のクラスメイトにしろ。

マウントを取られていい思いをする人はいません。

あなたのちっぽけな自尊心を維持するためだけに、相手の経験やらなにやらが犠牲になっていくのです。そして、その多くは払うことができない「代償」になるのです。

もしあなたが相手に対して思いやりがあるのなら、マウントを取るような行為は即刻でやめるべきです。

あなたは優越感を感じるかもしれませんが、長い目で見るとマイナスにしかなりません。

あなたのその場の感情を優先しますか?それとも、長い将来を優先しますか?

タイトルとURLをコピーしました