シノアリスにおけるギルド勧誘のコツ~人が来るようになる方法~

この記事は約11分で読めます。

今回のギルド記事のテーマは、「シノアリスのギルマス向けに、どう勧誘すれば成功しやすいか?」です。

かなは「ギルメンが集まらない」「勧誘しても無視される」といったシノアリスギルマスの悲鳴を何度もきいてきました。

これまで何度かシノアリスの記事をアップしていますが、シノアリスの勧誘は(いろいろあって)ほかのゲームとは大きく異なります。

せっかくなので、これまでの記事で書いたことをまとめつつ「シノアリスのギルマス向け」の記事を書きます。

「なぜ勧誘をしても人が集まらないのか」を最初に触れてから、「どうすればシノアリスの勧誘は成功するか」を話します。

ハイランクギルド…というよりは、後衛が集まらなくて困っているギルドの人向けかもしれません。

※例によりかながプレイしていた2018年6月~7月ごろの情報をもとにしております。そのため、最新の情報には対応していない可能性があります。また、当時のシノアリスに対する批判を若干含みます。ご注意ください。

スポンサーリンク

なぜ勧誘しても人が集まらないのか?

答えは簡単です。

「需要と供給のバランスがとれてなさすぎるから」です。

おそらく多くの人は見たことがあるであろう「需要と供給の直線」のグラフ。

交差点が均衡価格だとか言われてますが。

このグラフにシノアリスの状態を書き込んでみましょう。

(ここでは、需要を「ギルドが求める人」、供給を「ギルドを探している人」としています)

後衛は「供給は少ないが、圧倒的な需要」。前衛は「需要は少ないが、有り余っている」。

この状態がずっと続いています。

需要が8あるとして、供給が1だとしましょう。

すると7の人はそのものを手に入れられないのです。

多くの人が勧誘しています。

勧誘される側が選ぶことができるギルドは「ひとつだけ」。

一人の人に対して勧誘が8件あったとしたら、7件は断られています。

断られることの方が多いんです。

ただ、確実に断られる勧誘は「確かに存在します」。

「人来ない」と嘆く前に勧誘のやり方を見直すべきです。

余談:その原因はあなたのせいじゃない

詳しい話は別記事で書いたので省略しますが、ざっくりまとめると

「支援職は多くのゲームにおいてもともとやる人が少ない職であったが、その支援職の必要人数が火力職の人数よりも多い」

からこのようなことが起きています。後衛の需要と供給が逆転することはおそらくありません。

ギルドに後衛が集まらないのはプレイヤーのせいではありません。システムのせいです。

詳しい話はこちら:

勧誘されている側の状況を、理解していますか?

最初に、ひとつ質問です。

今勧誘を出そうとしているギルマスへ。

「勧誘されている側の状況を、理解していますか?」

これを理解していると、勧誘の成功率は大きく上がります。

というのも、この状況を知っていれば、「どんな募集が読まれるか」が自然とわかるようになるからです。

ギルド勧誘という「戦い」に挑むのですから、戦場の状況を知らなければ勝ち目はないといっていいでしょう。

後衛はどのようにしてギルドを選ぶのか?

ある日、後衛の人が募集を出しました。

「後衛です。入れてもらえるギルド探してます。」

さてこの募集に、何人の人が勧誘をするでしょうか。

最初の10分でばたばたと勧誘が入り、最終的には30~40件にもなります。

勧誘を「受けている」側からすると、この30~40件のギルドすべての話に耳を傾けるのはとても大変です。というかやってるだけで一日終わります。

そこで、まずは「ふるいにかける」作業が始まります。

ざっくりまとめると、「話をきいて真面目に検討するギルド」と「即お断りするギルド」の二つに分けます。そして、「即お断りするギルド」に対しては「お断り」を入れます。

人によってはお断りするギルドに対して返事を出さなかったり、即チャット退室したりする人もいるようです。

もしやってる後衛の人がいたら迷惑行為なんでやめましょうね。とりあえず、返事がないパターンについてですが、1日待って返事がなかったら自分で退室しちゃってOKです。その人はすでにギルド加入も終わってます。

即お断りされる勧誘の特徴

即お断りされる勧誘にはいくつかパターンがあります。

  1. システム上の勧誘を「いきなり」やるギルド
  2. そもそも募集要項とあっていないギルド

この二つは即アウトです。

特に妙に多いのが2番。

21時希望の人に対して勧誘をかける22時ギルドのマスターが多すぎます。

1件や2件どころじゃありません。一度の募集に対して5~6件はあります。23時や20時の人もいるので、その人たちを合わせると2桁はいきます。

来た勧誘が40件あったとして、10件は「募集を読んでいない」ため、その段階で候補から外せます。

さて残り30件。この30件からどのようにしてギルドを選ぶのでしょうか。

そして、プチ面接が始まる

ここから、入るギルドを探すための本格的な検討が始まります。

ですが、どこのギルドも似たり寄ったりなので、情報が少なすぎて決まらないことが多いです。

そこで始まるのが、「プチ面接」です。

「ギルドに関する詳しい説明をしてください」と言われたことはないでしょうか?

他のギルドと文章が全く同じだったりして、選ぼうにも選べない状態になっています。

あとはあなたの人柄が試されます。ギルドのシステムメリット的な部分ではほかのギルドと同じですから、あとはいかにそのギルドが魅力的に見えるか次第です。

もし相手のレベルが低いなら、支援するとかそういうことを強調しましょう。「戦力低いけど入れてあげるよ」的な上から目線はダメです。相手と同じ目線で話しましょう。

もし10時にその募集が出たとしたら、このプチ面接は11時半ごろに行われています。途中落ちは厳禁です。途中落ちした段階で選考から外れますからね。

勧誘を本気でやりたいのなら、声をかけてから最低でも2時間は「勧誘のために」使いましょう。眠くても無理して起きましょう。もし起きれないなら最初から声をかけないべきです。

嘘は絶対にダメ!すぐにバレます

同じAランクギルドでも、SとAを行き来しているのか、AとBを行き来しているのかでは大きく異なります。

Aランクギルドとただ表記するのではなく、どことどこを行き来しているのかを書くべきです。

もしAとBを行き来しているのであれば、Aではまともに勝てないということですから、実質Bランクギルドです。システムの見た目がAランクでも、そのギルドは「本当の意味ではAランクではありません」。にもかかわらずAランクと募集しているギルドのなんて多いことか…。

嘘は絶対にダメです。AとBを行き来しているギルドは「AとBを行き来している」とちゃんと書くようにしましょう。

「雰囲気重視でチャットしてます」と書いていても「チャットが全く動いていない」ギルドも結構あります。

嘘をついていても、ギルドに入った段階で即バレます。入ってきた人がすぐに抜けるので定着率が悪い、つまりいつまでたっても勧誘しないといけなくなります。デメリットの方が間違いなく大きいです。

後衛視点による「読みたくなる勧誘」とは?

まず、募集をちゃんと読みましょう。

募集要項に対して「満たしていない」ギルドの勧誘が多すぎます。ワンチャンで他の時間帯の人を狙うくらいなら最初から自分の時間帯を狙いましょう。時間の無駄です。

以下は募集をちゃんと読んでいることを前提とします。

まず、「ギルド××です!メンバー探してますよろしくです」だけはダメです。

どんなギルドなのかが全く伝わってきません。

多くのギルドはこれ「だけ」なんですが、今までさんざん書いたように「大量の勧誘が来ている」ので、その「大量の勧誘」の中に埋もれます。「いちいち確認しにいかないといけない」ので、大量の勧誘をさばいていかないといけない人からすると「ギルド情報を見に行くのもめんどくさい」のです。

個人的に好感を持てた勧誘(の例)を2パターン下に書いておきます。参考にどうぞ。

前提条件

募集を出している側:ランク80、戦力10万、メイン職楽器(ミンストレル)、時間帯10時、初心者

勧誘するギルド:ランクはAとBをいったりきたり、平均ランクは130ちょい、マスターの職は回復

パターンA

ギルド××です!掲示板を読み声をかけさせていただきました。ランクはAとBをいったりきたりしています。ミンスの初心者とのことですが、うちのギルドにはミンスの方も何人かいらっしゃいますよ!(ギルドの状況やグランコロシアムの成績)。もしよろしければご検討ください☆

パターンB

ギルド××です!ランクはA~Bです。後衛さんがちょっと足りていないので後衛さんに入ってもらえるととても助かります。(ギルドの状況やグランコロシアムの成績)。同じくらいの方も多数いらっしゃいますよ!もしよければご検討ください。

以上二つです。あ、そのままコピペして使わないことを推奨します。自分のギルドの状況によって勧誘文は大きく変わりますからね。

共通点として、「ギルドの状況やグランコロシアムの成績がしっかりと書かれている」ことがあげられます。他のギルドとあなたのギルドに違いがあるとすればここです。何も書いていない勧誘だとこの情報を「募集を出している側からわざわざきく」必要があるんですよね。二度手間です。というか、何も書かれてない募集に対しては「まずきかれる」ので、どうせきかれるなら最初から書いて送った方がいいです。

パターンAは「ちゃんと募集文を読んでいる」ことが伝わる文章です。あまりにも募集を読まない勧誘が多いので、好感が持てます。特に相手の人の状況にあわせたアピールができると◎です。(この場合は「ミンスの初心者」という状況に対して「先人がいる」というアピールです)。

パターンBは「なぜ勧誘しているのか」がしっかりと書かれている文章。勧誘している段階で後衛足りないのはわかってんだろって言いたくなる気持ちはわかりますが、ここでポイントになるのは「目線」。

上から目線の「入れてあげるよ」的ではなく、下から目線の「お願いします来てください」といった感じが感じられます。特に初心者に対してはハイランクギルドの上から目線の募集が非常に多いです。

その初心者がガツガツしてて、がっつり課金もしてて、どんどん強くなりたいって人でもない限り、好感は持たれると思います。ただし、プラスアルファのアピールが必須なので、アピールポイントがない限りはやらない方がいいと思いますが。

勧誘は自分の手で

サブマスは「ギルドを引っ張っている人」ではありません。

ギルドに勧誘しようにも、「本当はギルドがどんな人を求めているのか」が理解できていないことが多いんです。

結果、「せっかく勧誘してきても本当にギルドが必要としている人ではなかった」としてギルマスが勧誘してきた人を気に入らず、独断でそのまま蹴りだしてしまったといった話を何度きいたことか…。

それではどちらも不幸になるだけです。むしろ、ギルドの雰囲気が悪化して今いる人も離れかねません。

(サブマスから勧誘されたものの確信が持てずわざわざマスターに連絡を取ってから加入を決めた、といったことが起きたという話をきいたこともあります。)

ギルド側から「メンバー探してます」と来るもの拒まずで募集するのであればサブマスが募集してもいいと思いますが、勧誘に関してはギルマス自らがやるべきです。

勧誘の成功率を上げるためにできること

これはあくまでかなの見解であって、絶対ではありません。

ただ、「勧誘がうまくいきやすくなる」方法は書いておきます。

  • 初心者支援をきちんとしていることをアピールし、初心者に対してきちんと手厚い支援を行う。ただし、初心者があなたと同じくらいまで育つまで面倒を見る必要があるため、オソウジ券を10000枚投げ捨てる覚悟が必要。
  • イベント回してます、時間合わせてクエスト行ってます、など「コロシアム以外の部分」においてもギルド協力を徹底する。ギルド好きの定着率はよくなるが、逆に束縛を嫌う人にとっては逆効果。
  • ギルドチャットを活性化させる。コロシアム以外の時間帯でも雑談しているような雰囲気があるとよい。

あれ?勧誘の方法じゃないじゃんって思ったそこのあなた。

勧誘そのものより、勧誘する前に「あなたのギルドのことをまず見直すべき」です。

他のギルドと「同じ」ではいくら勧誘しても人集まりませんから、大切なのは「自分のギルドが他のギルドより魅力的に見えるか?」です。

うわべだけ魅力的にしても意味はありません。嘘は一瞬でバレますから、人がすぐ離れていきます。 勧誘から永遠に卒業できないのです。 中身が魅力的である必要があるのです。

人を連れてきてその人が定着してはじめて勧誘は「成功した」と言えるのです。

セミソロギルド派はコロシアムだけ参加できればいいのでしょうが、そうでない人を引き留めておこうと考えるのであれば、コロシアム「以外の」場所での取り組みが大切になってきます。

このコロシアム「以外の」場所での取り組みはアピールポイントになり、勧誘の売り文句でも使えるようになります。しっかりしてないギルドが結構多いので、他ギルドとの「差別化」になるわけです。

他のギルドとは違う「ウリ」のあるギルドにならないと勧誘は成功しないでしょう。

あとは他記事でもさんざん触れていますが、「後衛の支援に対してきちんと感謝しましょう」ギルドがコロシアムで戦えているのは後衛の人たちのおかげですよ。

ギルド相談室はじめました

ネトゲ・スマホゲーのギルドの相談、引き受けます。
ギルド関連の相談であれば何でもOK!ぜひお気軽にご相談ください♪
※ギルマス・サブマスに限らずギルメンさん、ギルドを探している人からの相談も歓迎します。

シノアリス
スポンサーリンク
幻想の国のかな
タイトルとURLをコピーしました