金銭感覚―6000円あれば、何を買える?

この記事は約2分で読めます。

あなたの手元に6000円があるとします。

この6000円で、何を買えるでしょうか。

スマホゲーム廃人の人であれば、「10連ガチャ2回分」と答えるでしょう。

ガチャに課金するみなさんへ。

一度あなたの金銭感覚を見直してみませんか。

スポンサーリンク

6000円あれば買えるもの

理系の教科書1冊

全部カラーで800ページくらいの本。

専門的な内容が書かれた大学の教科書であれば、だいたい一冊6000円くらいします。

たいていのゲームソフト1本

高いものもあるのですが、たいていのものは6000円付近で一本買えます。

DLCなしのものであれば、追加料金が発生することもありません。

ライトノベル・コミック8冊

ライトノベルやコミックは一冊およそ700円です。

6000円分となると、だいたい8冊です。

6000円でできること

4日ご飯を食べられる

安く済ませるのであれば、一食500円あれば食べられます。

となると一日1500円。6000円は4日分です。

金銭感覚を見直してみよう

300円のDLC買うのを「高い」と言って出し渋っている。

でもその一方で、3000円のガチャをあっさり回している。

おかしいと思いませんか?

「ゲームに使っている」ことは変わりません。

ましてやガチャは「確実性がない」のです。そして、その多くはハズレなのです。

課金をやめたいあなたへ。

一度そのお金があれば何を買えるのかを考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました