ブログの文量について

この記事は約2分で読めます。

いつも通りブログを更新しているかなです。

かなはあることに気が付きました。

そのことに関するお知らせ…と、そうしている意図を説明します。

スポンサーリンク

ブログの記事の終わり方

「いつか書く」

その一文で終わること、多くね?

実際、数えてみたんですがかなり多いです。

実は理由があるんです

ズバリ

「ブログの記事が長くなりすぎるから」

です。

ブログの記事はだいたい1000字台に収まるように意識しています。

逆に、1000字台を超えそうなときは、2つに分けるようにしています。

その結果、「続く」だとか「また書きます」とかが増えるわけです。

忘れたわけではありませんので、更新をゆっくり待っていただければと思います。

ただダラダラ書いてるブログはまとまってなくて読みにくいだけですからね。

一記事読破にかかる時間が2~3分であること、わかりやすく言うのであればカップラーメン作ってる間に読み切れるレベルの量にするのが目標です。

今のところの最長記事はこれらしい

表の文字数がすべてカウントされているせいか4000字オーバーだったりします。見ればわかりますがだいたい表の数字のせいです。ほぼ文章ないです。

仕様上仕方ないとはいえ、中身の少ない記事が文量トップなのは複雑だなあ…

何分で読めます、を表示している本当の理由

Cocoon標準付属の「記事を読む目安時間を表示」。

読者の皆さんに対し記事の文量を知ってもらうことももちろんですが、一番の理由は

「かながブログの文量を把握するため」

だったりもします。

目標にしております「一記事三分」を守れているかを確認するためです。

タイトルとURLをコピーしました